上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうでも良くなったのでかなまら祭りでいった際の写真をアップします。
ただメイン行事には間に合わなかったのでまともな写真はないです。
(かなまら祭りは川崎の金山神社で毎年4月に行われている、その名の通り男性器が主役の日本有数の奇祭です。
ちゃんとしたお祭りですが内容が内容なので苦手な方は一気にスクロールしてスルーしてください)


t8.jpeg

t7.jpeg

いかにもかなまらって感じですね。この日雨がしとしとと降っていた所為で
ぬらぬらと妖しく光り一層生々しかったです。(この2本は普段から境内に生えてます)

ちなみにこの写真を撮った後、一人この像を撫でながら真剣に何かお願いごとをしている
若いサラリーマン風の方を見ました。何か複雑な事情でもあったんですかね。

t6.jpeg

やはりお祭りの内容が内容なので、こういう馬鹿もいっぱい集まってきます。

t5.gif

ペニス飴とプッシー飴(本当にそういう名前↑英語で書いてあるでしょ)を売る親父(親父って私の親父じゃないですよ)。
若い娘相手だと注文確認の際の声の張りが違う親父。駄目な大人ですが良い仕事してました。

t4.jpeg

自分が行ったのは既にメインの行事は全て終わった後で境内は閑散としていたのですが
飴屋だけ小雨のちらつくなかまだ開いており、これだけの行列を作っておりました。
みんなそんなにちんこ飴が舐めたいか。

t3.jpeg

屋台脇で吊るして乾かされているちんこ飴(右)と左の??(睾丸?)。
ずっとブルンブルン揺れてて何度撮ってもブレてしまいました。見ずらくてごめんね。
買ってまで撮る気もなかったので(このサイズで600円)。

t2.jpeg

その行列に向かって何か猥褻な話を叫び続けていたベロンベロンに酔っぱらったおじさん。
外人さんめっちゃウケてます。

t1.jpeg

おまけに可愛いワンちゃん。恐らくこの神社のワンちゃん。

流石に今では国際的にも有名なかなまら祭りなので、外人の方も目立ちました。
今度行くときは早めに予定合わせて友達と行きたいです。独りで行くもんじゃいですやっぱ。
生巫女さんがいずらそうにグッズ売っているのには萌えた。
スポンサーサイト
2006.08.06 / 写真 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。